20年ぶりに師の聖地に集合。

2019/03/05

例えば四国の先輩方との「土着」の流れ、交流、伝達とは

またまったく違うことを、話すほどに実感した。

いわば「血着」かな。

どこにいても何をしても師の流れを汲んでいる自分であった

ことが、創流の源と話すことでいちいち腑に落ちる。

桜島溶岩原。

佐那河内の山裾の岩肌の苔むした風情と、スケールは違えど

とてもよく似とるよな。

二十年前の隆々とした桜島が、松林を纏って

なにやらやさしい。

大噴火で埋まったままの鳥居。

こんな両面を(伝わらんと思うけど)感じて、

うわーがんばろう!! 思ったな。

先生、みなさん、ありがとうございました。