一昨年から関わらせていただいている

2019/04/26

ある建築の修繕工事。

の、広大な庭園に茅葺屋根の古民家がある。

「使えるように考えてみてもらえませんか」

と、うれしいお話。

うーんまずどこから来たんだろ?

ここはトミヤン文庫やな。

あらためて見てみると、ほんますごい資料じゃ。

四国の民家関係の本や資料をざーーーっとみると、

柱配置や屋根の架構からして一宇村があやしい。

ニワとオモテの二室のみ。隠居かな。

場所は違うけど関連施設の移築民家の記録が見つかって、

一宇村と明記してあるし、このかいらし茅葺もそのときに

もってきたんだろな。

民家楽しいな。