平日夜は

2022/05/13

基本的に母の住む藍住の家に泊まるようになって

もう半年過ぎたなあ。

中と外の境界がめっちゃあいまいな「さななや」に比べると

築45年になる昭和の家は外とかかわりにくいつくりになっとる。

掃き出し窓に沿って内向きに置いてあったソファを中に入れて

全開できるようにするだけでだいぶ息苦しさはなくなった。

外向きの暮らしに仕向けると、このごろは早朝に掃き出しの

カーテン全開にして庭を眺める時間ができて、わいも母もうれしい。

うちを含め、まわりが宅地化する前からの先住人参農家のお隣さん。

さつきが見事~(4月の写真)

コメント (3)

宜しければコメントを残してください

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

いただいたコメント

  1. m u より:

    俺ら子供の頃 『こんばんは』と、玄関で声が聞こえて、次の瞬間に部屋の口にいた。みたいなことがあった。

  2. uch より:

    大神子での話?

  3. m u より:

    藍住の話です。